ゲーオクConnect概要


ゲーオクConnectは、対応するゲームとユーザ情報およびゲーム内アイテム情報を連携し、オークション機能を提供するサービスです。
ゲーオクConnect自体はWebサービスのため、ブラウザや専用アプリにて誰でもアクセス可能です。
ゲーム側から出品したアイテムはゲーオクConnectの出品情報として掲載され、ユーザはそれに対して入札や落札を行うことができます。

出品者は対応するゲーム内よりゲームアイテムを出品します。
そのアイテムに対して他のユーザがゲーム内またはゲーオクConnect内より入札し、出品終了時点で最も高値で入札したユーザが落札できます。


落札が成立した場合は、まず落札者が支払いを行います(支払いはゲーム内ではできません)。
ゲーオクConnectのサーバとゲームのサーバがAPI/Webhookを使って連携し、出品したアイテムが落札者の所持品として、ゲーム内で移動されます。
その後、ゲーオクConnectから出品者へ落札代金の振込を行います(所定の落札手数料および振込手数料を差し引きます)。

一部を除き多くの機能は、ゲーオクConnectでも対応するゲームでも操作することができるため、ユーザはストレスなく、スムーズかつ安全に取引を行うことができます。
ゲーオクConnectとゲーム間でのユーザ情報やアイテム情報の連携は、ゲーオクConnectが提供するAPIおよびWebhookにて実現できます。
API/Webhookを利用したオークション用インターフェイスをゲーム側で実装することにより、ゲーム内でオークションが可能となります。
また、取引が完了した場合は、落札金額に対する所定の割合の提携料を、開発者に還元する仕組みもあります。
API/Webhookの詳細は、API/Webhookについてをご参照ください。